ときはな という音を聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?
わたしは 花と時間と朱鷺(ニッポニア-ニッポン)かな〜
なんて。

本当は、

あなたが背負っている様々な重荷を 解き放つ 

という願いを、この名前に込めてます。

では、解き放ったあと、何が起こるか。

軽くなり、巡りが良くなって、本来の美しさがはっきりと顔を出します。

それは、花開くプロセスです。

それは 時間や空間を超えて、すべてに浸透するいのちの輝き です。

どんな状況にあっても、必ずそこに、あなたの中心にあるものです。

TOKIHANAのロゴは、2つの無限大が重なっているようにも見えますが、
実は真上から見ると 円 になっています。

あなたとわたしが作り出す 場(フィールド)の力、

全体性(セルフ)とそれぞれのパーツ、

そのようなものを表しています。
波動とも言えるでしょう。

解き放つことで、自分とも外の世界とも、より自由に、より太くつながること。

それは、欲しかった未来への招待状です。


ところで、ポートランドの6月は、花の季節。半年の雨続きから解放されて、花々が堰を切ったように咲き誇ります。
↓裏庭の芍薬や薔薇。毎年の楽しみです。