最近は、いろいろな医療器具が簡単に買えますね。恵まれた時代です。

聴診器もその1つ。

私が医学部生だった30年前(書いててびっくり大昔)なんて、

『リットマンの聴診器』というのは、高価で、医師しか手にしない、
特別な責任を伴う、崇高な気持ちになる三種の神器的なものでしたが、

今やアマゾンで1click

お手軽〜!

その一張羅(服じゃないけど)の聴診器も、とうとう壊れてしまったので、

新しく買ったわけですが。

それで嬉々として何をしているかと言うと、

自分の心臓の音を聴いてます♡

元々は、最近不整脈が気になるので始めたのですが、

これが意外と瞑想効果があるのです。

赤ちゃんや動物って、お母さんの心拍を聞くと安心しますよね?

それを自分でやるのです。

まさにIFS!

心音に耳を傾けていると、

頭の気が胸に降りてきて

落ち着いてきます。

そしてまた、耐え間なく続くその音は、

太鼓の昔から続く

命のつながりや

自分のために命を守ってくれている

その働きに

感謝の念が湧き出てくるのです。

呼吸も瞑想のときのように、

ゆったりしてきます。

こんな風に、セルフの状態に自然とアクセスできます。

このコロナの時代、

聴診器一つ持っておいてのこんな使い方、おすすめですよ〜!