今は、この記事ですべて説明するのが難しいですが(長文になるので)
HSPであることの辛さは、癒すことができます。

私ごとで言えば、子どもの頃からの強い孤独感(人がいると余計に辛い)や、小学生で始まった慢性腰痛、生理痛、立ちくらみ、消化器症状、線維筋痛症、抑うつ気分などが治りました。薬もほとんど使っていません。自分の内面システムが変化し、IFSでいうところのSelfが前面に出るようになって、ものごとや人に動じることがなくなり、毎朝5時起きなのに、気力が充実しています。昔は、目が覚めるたびに憂鬱で仕方なかったのが、信じられません。

Selfは、いのちのエネルギーとして、すべての人に備わっているのですが、それをしっかり体感していくのが癒しの鍵となります。

そのためには、特に慣れるまでの間は、定期的にセッションを受けていただくのが一番良いのですが、現実には、価格面で躊躇している方もおられるでしょう。

この数ヶ月、時代の大きな潮流の中で、一人でも多くの方が癒されて欲しいという気持ちが日に日に強まっているのを、私自身が感じています。今現在ホームページも含めて、サービスの見直しをしているところですので、もし価格やサービスについてご要望などあれば、どなたでも遠慮なくこちらからメールしてください。