実は、子育てが落ち着いてきた数年前から、ビデオ医療通訳もやっているのですが、所属先の通訳会社から、優秀だと表彰されました(Certficate of Excellence)!

まじめにやってきたことが評価されるのって、やはり嬉しいです。

自分にとっては、医師であっても、通訳であっても、大学の臨床研究スタッフであっても、『患者さんやご家族の快適さのために最善のことをする』という意味で、違いはありません。同様に、セラピストとしても、クライアントさんを、しいてはその周りの人が一人でも多く、解き放たれて楽に毎日を過ごせるようになるために、ベストを尽くして行きたいし、そのために、英語圏の最新情報を元に、常にアップデートしています。

写真は、毎週野菜を受け取りに行く農場のコミュニティーガーデン。アーティチョークの花が鮮やかでした。


ときはな個人セッションのお申し込みは、こちらからどうぞ。